臨床検査技師 転職

臨床検査技師転職のコツ!

臨床検査技師転職のコツ!

 

26歳 転職すべきか悩む

 

そうなんですよね。
臨床検査技師として某病院に正社員として勤めていても
悩むんです。

 

結局はなんで悩むかというと・・・。
給与・人間関係・業務内容。

 

多くがこの3つのうちのどれかなんですよね。

 

これは、臨床検査技師に限らず、
どんな職種でも、どんな仕事でも
悩みはそう大して変わりません。

 

少しでも給料がいいところに転職するか?
少しでもやりがいを感じる業務ができるところに転職するか?
人間関係で悩まずにすむところに転職するか?

 

臨床検査技師として数年働いてきたからこそ
悩むのです。

 

社会人になって、3〜5年。
一番転職に悩む時期です。

 

なので、転職するときのコツのようなものを紹介します。

 

まず、自信を持つことが大切です。
どれだけ短い期間でも、前職場での責任ある仕事に対する姿勢。
そして、給料面での不平不満よりも業務内容に対する前向きな気持ち。
さらに、具体的な問題や目標を持って転職を希望していること。

 

そういう姿勢をさりげなく語れるアピール力。

 

どんな職種でも
こういう部分が重要で、
曖昧な転職理由や
仕事のマンネリ化や職場の上司とそりが合わないなど
今の職場を放棄して違う職場に変わりたいだけという
欲求が見え見えになる転職は失敗します。

 

転職を成功させるには、
なぜ?何のために?これからの人生の目標は?
こういう部分を真剣に考えて
絶対にゆずれない明確な目的を持ちましょう。

 

それこそが、「臨床検査技師転職のコツ!」です。

 

ただしかし、
臨床検査技師という仕事そのものに疑問を感じるなら、
脱臨床検査技師をして、普通の会社員になるもしくは、
看護学校など他の資格取得を考えるのもいいかもしれません。

 

今なら、まだまだなんとかなる年齢でしょう。

 

実際に、臨床検査技師という仕事や職場に嫌気がさして
他業種の会社員となる方もいますから・・・。

 

どんな職種でも、
いい職場はレベルが高い人材で埋め尽くされていますから・・・。

 

生きがい、やりがい、大きな目標を持つなら
脱臨床検査技師というのも
ひとつの転職のコツかもしれません。。。。

 

 

 

 

 

未経験の業界を・・・。

 

 

 

 

 

 

すると・・・。

 

年収320万 → 420万

 

頑張りどきの20代、今ここで選択したことが将来に大きな影響を与えます。
一気に選択肢が少なくなる30代を前に、私たちのサポートは最後の転職チャンスを後押ししています。

 

この言葉が全てを物語っていたようです。

 

臨検転職 失敗 ハタラクティブ